ワイワイトップの小規模事業者持続化補助金活用
コロナに負けるな! ホームページ制作プラン

  • ・ワイワイトップは補助金を活用したホームページ制作実績が豊富
  • ・中小企業・個人事業主様向け、50万円までの補助金が活用可能(補助率2/3・返済不要)
  • ・第2回受付締切 : 2020年6月5日(金)まで (お早めにご相談を)

新型コロナウイルス感染症による経営上の影響を受けながらも
販路開拓等に取り組む事業者に対して重点的な支援を図ります。
(小規模事業者持続化補助金、公募要領より)

昨今の新型コロナウイルスの影響で、売り上げが大幅に減少し、先行きが見えないという中小企業経営者様・個人事業主様が大勢いらっしゃいます。

このあからさまに不景気になってしまった状況において、頭を抱えながら座して嵐が過ぎ去るのを待ちますか?

逆にこんな時だからこそ、「WEB戦略を見直し・強化して、販路拡大を行いたい!でも、時間はあるけど、なるべくお金はかけたくないぞ。」とお考えの、熱く前向きな方を当社は徹底的に応援します。

現在募集中の小規模事業者持続化補助金を使えば、返済不要の50万円を受け取ることが可能です。

もちろん経営計画書を書いて審査を通過する必要がありますが、新型コロナの影響を大きく受けているようでしたら、市区町村が発行する「売上減少証明書」を添付すれば加点され、審査が通りやすくなります。

その他、補助金を活用したホームページ制作に豊富な実績がある当社が、この難局を乗り越えるために、しっかり補助金を受け取れるようアドバイスさせていただきます。

まずはこのページの下にあるフォームより、お気軽にご連絡ください。

<INDEX>

WEBを活用した地道な販路開拓・業務効率化の事例

審査の加点ポイントの中に「ITを有効に活用する取り組みが見られるか」というのがあります。
ここは明確に盛り込む必要があります。

ケース1 教室・セミナー事業

生徒さんを教室に集めるセミナーやレッスン形式をメインで事業を行ってきたが、オンラインレッスン形式も受講できるようにしたい。またパスワードをかけたページを用意し、会員用のコンテンツを自分で掲載できるようにしたい。


ケース2 飲食店事業

居酒屋を経営しているが、デリバリー(宅配)も受付られることをサイトで強調したい。 スマホでもメニューを見やすくし、タップするだけですぐに電話注文できるようにしたい。


ケース3 店舗型物販事業

店舗で物販を行ってきたが、来店しなくも購入できるよう通販事業を始めたい。 買い物カゴを使ったネットショップ型で、クレジットカード決済もできるようにしたい。


ケース4 対面営業型事業

これまでテレアポを取っての来店および訪問営業がメインだったが、ホームページにほとんどの情報を分かりやすく掲載し、チャットでも問い合わせを受け付けられるようにしたい。また自社ドメインのブログやYOUTUBE動画をサイトに貼り付けるなど、積極的に情報発信していきたい。


ケース5 採用情報の充実

これまでの「テレワーク型社員」の募集案内を追加して、人事採用に特化したサイトを立ち上げたい。フォームに必要事項を入力、履歴書や写真を添付できるようにし、面談もオンラインで行いたい。個人情報を取り扱うので、セキュリティにも留意したい。 (注:このような業務効率化のケースは、別の販路開拓とセットで計画する必要があります。)


小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者等が、地域の商工会または商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用が補助されます。
今年度は新型コロナウイルス感染症による経営上の影響を受けながらも、販路開拓等に取り組む事業者に対して重点的な支援を図るということで審査時に加点されます。

補助対象事業 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等 (生産性向上)のための取組であること。あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。
申請受付期間 第1回受付締切: 2020年3月31日(火)
第2回受付締切: 2020年6月5日(金)
第3回受付締切: 2020年10月2日(金)
第4回受付締切: 2020年2月5日(金)
補助率 補助対象費用の2/3 以内
補助上限額 50 万円

  HP制作費用 補助金額(2/3) 自己負担金額(1/3)
例1 60万円 40万円 20万円
例2 75万円 50万円 25万円
例3 100万円 50万円 50万円

※当社では例3のように自己負担額が25万円を超える金額でお見積もりすることは原則ありません。

補助対象となる事業者

法人でも個人事業主でも、常時使用する従業員の数が5人以下であれば、まず大丈夫です。

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

補助対象となりうる者

  • 会社および会社に準ずる営利法人
    (株式会社、合名会社、合資会社、 合同会社、特例有限会社 、 企業組合・協業組合)
  • 個人事業主(商工業者であること)
  • 一定の要件を満たした特定非営利活動法人

補助対象にならない者

  • 医師、 歯科医師 、 助産師
  • 系統出荷による 収入 のみである 個人農業者 (個人の林業・水産業者についても同様)
  • 協同組合等の 組合 企業組合・協業組合 を除く
  • 一般社団法人、公益社団法人
  • 一般財団法人、公益財団法人
  • 医療法人・宗教法人・学校法人・農事組合法人・社会福祉法人・申請時点で開業していない創業予定者・任意団体 等

補助金受け取りまでのスケジュール

直近の締め切りの回を例にしたスケジュール感です。(日付は若干調整されることがありますので、ご注意ください。)

日付 内容
2020年5月中旬頃まで 当社担当者とのオンラインミーティングを実施、小規模事業者持続化補助金の概要をご説明します。 また御社の現状お困りの状況と、どのような販路拡大をお考えかヒアリングした上で、お見積もりをご提示します。 その後、既定のフォーマットに従って申請書・経営計画書を策定いただきますが、当社だけでなく御社の管轄の商工会・商工会議所の担当者からもアドバイスを受けることができます。(非会員でもOKです)
2020年6月5日(金) 第2回受付締切 [郵送: 締切日当日消印有効]
(1~2か月程度後) 採択事業者の発表・通知、事業開始(これ以前に実施すると補助対象外)
<平成30年度二次補正予算の例>
・商工会議所地区分 : 申請15,202件⇒採択13,099件 (86%)
・商工会地区分 : 申請8,709件⇒採択8,137件 (93%)
2021年3月31日(水) 事業実施期間の最終日
2021年4月10日(土) 補助事業実績報告書提出期限

※補助事業実績報告書提出期限を待たずに、早めに事業終了して実績報告書を提出すれば早く補助金を受け取ることが出来ます。
※補助金額確定後の精算払いとなり、実績報告書提出後、通常1ヶ月~2ヶ月程度で御社の銀行口座に入金されるようです。

ワイワイトップが提供する戦略的ホームページとは

返金不要の補助金を受け取ってホームページを作成する以上、しっかり売上・利益を上げて、多くの税金を払って国に恩返しをしなければなりませんので、そのための戦略が不可欠です。
当社が制作するホームページは、ほとんどWordPress(ワードプレス)を使って構築します。
WordPressは自分で更新が簡単に出来て、SEO対策(検索エンジン対策)にも強いといわれていますが、何も戦略なしに作るだけでは効果がありません。
ワイワイトップでは特に下記の3つの点にこだわって、しっかりアドバイスさせていただきます。

1. 商品×地域×客層(ターゲット)をしっかり絞る

ホームページを立ち上げると、「インターネットを通じて全国を相手に、多くの商品を販売できるぞ!」と考える方が多いのですが、残念ながらいきなりこの考え方は通用しません。
「老若男女寄っといで、うちは何でも売っています。」は何も売っていないのと同じです。
お客様は「〇〇のことなら地域NO1」や「〇〇についてでしたら、あなたにあった的確なアドバイスができます」のような、ある特定の商品・サービスについて、専門性の高いサイトをいくつか探して比較しています。
「商品×地域×客層(ターゲット)をしっかり絞る」ということは、小規模事業者持続化補助金の重要な加点対象となる自社の強みを適切に把握しているか」「目標と今後のプランは自社の強みを踏まえているか」「対象となる市場(商圏)の特徴を踏まえているか」といったポイントにつながるので、じっくり考える必要があります。


2. 見込客⇒購入客⇒リピート・口コミ客の流れを設計

ただ単に商品・サービスの写真と説明書きを並べておいても、なかなか購入していただけません。
ホームページ戦略で最も重要なポイントの一つは、お客様にファーストアクションしていただく仕掛けです。
ただコンテンツを読んで他のサイトに去ってしまうのではなく、「無料小冊子があるならダウンロードしておくか」や「お試しサンプルから始めてみるか」のように、お客様にとってハードルの低いオファーを用意することが新規のお客様を獲得するのに有効です。
また一度購入された方の中には、あなたの商品・サービスのファンになっていただける方がいますので、リピート・口コミが発生しやすいようにメールマガジンや各種SNSなどでフォローする体制を作っておくのも大事です。
(お客様がファーストアクションからリピート・口コミ客になっていただくまでの階段を作るイメージです)


3. キャッチコピー・見出し・本文のライティングテクニック

多くのサイトが自社の商品・サービスがいかに素晴らしいかに終始した自慢話を書いてアピールしていて、これではお客様の心に響きません。
お客様は何かしらの悩みを解決したいと思って、あなたのサイトを訪れます。
そんな時、文章の主語をお客様にして、問題点の明確化⇒解決策の提案⇒具体的な施策⇒結果・効果のような流れで書かれていると、お客様の心が動き、自分ごとと認識していただけます。
ホームページ用の文章や写真などの原稿はご用意いただきますが、表現方法を変えた方がよいと判断した場合は、必要に応じてアドバイスさせていただきます。


補助金を活用した制作実績

黒田工務店

施工事例をブログ形式で、続々とコンテンツを追加しやすいよう構築されています。

永信光機

新しく導入した大型加工設備をYouTube動画を使って効果的に紹介しています。

エムフルール

集客王子のメルマガとSNSに連動したブログを徹底活用して、積極的に情報発信されています。

クレディプリント

WordPressのプラグインによる、オリジナルプリントの自動見積フォーム機能が導入済みです。

チームのちから

ミステリーアルバイトをやりたい方向け(BtoC)と導入したい企業向け(BtoB)にデザインを分けています。

NOV自由が丘

WordPressのプラグインによる、シャンプーなどを購入できるネットショップの機能が導入済みです。

オーブテック

業務用から家庭用まで、各種クリーナーのネットショップサイト。
WordPress+Welcartプラグインにより構築。

PAYS合板通販ショップ

NFボードなど各種合板のネット通販サイト。
ネットショップ専用CMSのEC-CUBEにて構築。


※小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金を活用して、当社で制作した事例です

お問合せ・ご相談

◆お問合せ・ご相談フォーム

・ご相談内容欄には現状と今後の構想など決まっていることがあればご記入ください。
・土日祝日を除く翌営業日までに担当者よりご連絡させていただきます。


名前(※)
 名
メールアドレス(※)
ホームページURL
郵便番号(※)
都道府県(※)
住所(※)
電話番号(※)
会社名・屋号(※)
お問合せ・ご相談内容(※)

(※) は必須項目です。必ず入力してください。


小規模事業者持続化補助金公式サイト

全国商工会連合会区分
https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/


日本商工会議所区分
https://r1.jizokukahojokin.info/

ページトップへ